保険会社の言い分を鵜呑みにせず、ある程度の判断材料を用意しておく

いつ何が起こるかわかりません。

そんな時のために、保険に入っている方は多いはずです。
車やバイクなど運転する際には、必ず入らなければいけません。

必ず入らなければならない自賠責保険だけでなく、さらに任意保険にも加入すると補償される金額が多くなります。
事故を起こした場合に、保険会社のお世話になることになります。

しかし、何も知らずに保険会社の言い分を鵜呑みにしてしまうと損をすることがあります。
損をしないためにも、ある程度の判断材料を用意しておく必要があります。
過失の割合は大きく関係してきます。

事故当時の状況は把握しておきましょう。
過失の割合はだいたい決まっているので、自分の場合の割合を知っておくと保険屋の言い分が正しいか判断できます。
自分の過失が少なく相手過失が多い場合には、有利な状況や情報を伝えましょう。

納得いかない時は、強気で交渉しましょう。
もし、事故にあった場合の補償の話し合いは、当事者同士の話し合いではなく、保険会社より連絡がくることになります。

お互いの加入している保険会社同士で話し合いを進めてもらうとスムーズ進みます。
保険屋や担当者などで交渉には差がでてくるようです。

保険屋選びも重要ですね。

This entry was posted in 保険会社の知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります