保険会社と直接慰謝料の示談をするのは危険

示談をする際に心に留めておきたい事は、保険会社と直接慰謝料の示談をする事は危険だと言う事です。
保険会社の担当社員は良い人でも、会社の方針としてはどの保険会社だって支払いはなるべく抑えておきたいところです。

その為、過去にも保険会社の支払い拒否などの事件がニュースで大々的に取り上げられた事がありましたよね。
保険会社の方は当然ながらその道のプロです。
ちょっとやそっとの知識で保険会社相手に示談に行っても、相手側のいいように話を持っていかれてしまう事でしょう。
対等に渡り合う為にはこちらも法律のプロである、弁護士や行政書士などへ相談する事をおススメします。
一度示談を締結してしまうと後から撤回が出来ませんので慎重に進めていく必要があります。

示談交渉前には、こちらの被害状況を説明できるように各種書面などを一式揃えておきましょう。
例えば、修理費用の請求書や交通事故証明書、医師の診断書に治療にかかった領収書も全て取っておき提出します。

This entry was posted in 交通事故示談の段取り. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります