認定された後遺障害の等級に不服がある場合

交通事故で後遺症が残ってしまった場合、等級の認定というものがあります。
等級は1級~14級までありますから、なかには認定された後遺障害の等級に不服がある場合だって出てきます。
そういう場合にはどうすればいいのでしょうか。

「しょうがない」等と諦めてしまうのはもったいないですよ。
等級認定に不服があれば、損害保険料率算出機構へ何度でも異議を申し立てる事が出来るのです。
後遺障害の等級認定結果の中には等級の結果の他にも、どうしてその等級になったのか、という認定の理由も通知されます。
その認定の理由を必ず読んで、誤って判断がされていないかどうかをチェックしましょう。
判断が不服であれば、訴訟提起の前の段階で異議申し立てをしましょう。

どうして今の認定等級では不服なのか、どの等級だと自分たちは考えているのかを分かりやすく伝え、資料もそれなりに説得力のあるものが必要になります。
異議申し立てがされると再度審査が開かれて、その結果はまた後日通知されます。

This entry was posted in 交通事故示談の段取り. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります